結婚内祝い1000円前後の商品の選び方

結婚をすると冠婚葬祭の付き合いが増えます。人によってはそれまで冠婚葬祭にあまりなじみがなく、マナーなどがわからない方も多いのではないでしょうか。初めてでもきちんとポイントを抑えておけば、しっかりと相手に喜ばれる配慮ができます。結婚の報告に対して結婚祝いをいただいた場合、お返しとして結婚内祝いを贈るものですが、結婚内祝いはお祝いの半額程度が相場とされています。もし、いただいたお祝いが3000円の場合、結婚内祝いは1000円前後ということになります。ここでは1000円前後の商品の選び方などについて紹介します。

少額でも返す必要はある?

結婚祝いのお返しが1000円前後の少額になってしまう場合、返すべきなのか悩む方も多いのではないでしょうか。しかし、少額でもきちんと結婚内祝いとしてお返しを贈りましょう。お祝いを贈られた方は、あなたの結婚を祝福して気持ちを贈っています。ささやかな品でもかまわないので、相手の方に感謝の気持ちを形にして返すのがマナーです。入学祝いなどの例外はありますが、基本的にお祝いをいただいたら金額に関わらず内祝いを贈るのが一般的とされています。今後出産祝いや新築祝いなどで同じようなケースに直面することもあるかもしれません。お祝いと内祝いはセットで覚えておきましょう。

1,000円以下でもお返しの種類は豊富!

1000円以下の結婚内祝いも種類は豊富です。ここでは一例をご紹介します。まず内祝いの定番のタオル。1000円以下の結婚内祝いではタオルハンカチを贈る方が多いです。また紅茶やコーヒー、日本茶などはティーパックの詰め合わせ、洋菓子や和菓子は少量の食べきりサイズが1000円以下の結婚内祝いに適しています。その他、入浴剤や浴用石鹸、洗濯石鹸、洗剤、ジュースの詰め合わせ、ボディケア・バスグッズなどが結婚内祝いとして贈られています。1000円以下の結婚内祝いは、受け取った方がすぐに使えるような少量かつ実用的なギフトがおすすめです。

いかがでしたでしょうか。結婚祝いをいただいたら、お返しの金額が1000円前後の少額でも結婚内祝いを贈りましょう。結婚祝いを贈られた方は、今後もお付き合いが継続していく可能性が高い方だと思われます。失礼のないように心を込めて贈りしましょう。結婚は結婚する二人だけの問題ではありません。お互いの親、親戚が深く関わってきます。また、お互いの知人との結びつきも強くなるでしょう。マナーを守り、良い人間関係を築いていきましょう。

通販カタログ商品番号で注文
リボン

通販カタログをご自宅にお届け!

カタログBOOK