余裕を持って動きたい!結婚内祝いの準備スケジュールまとめ

今回は、結婚内祝いの準備のスケジュールについてお話していきます。内祝いのお返しはいつまでに贈るのがいいのか、それまでにやるべきこととは何なのか、詳しく解説していきたいと思います。結婚式や新生活の準備で忙しい時期だからこそ、余裕をもったスケジュールで進めていきたいですね。

内祝いのお返しはいつ贈るのがベスト?

結婚内祝いを送る時期は、結婚式を行うかどうかによって違います。結婚式を行う場合は、基本的に結婚式から1ヶ月以内にお返しするのがマナーです。そして、結婚式を行わず入籍のみの場合は、お祝いをいただいてから1ヶ月以内にお返しをお贈りするようにします。また、お祝いをいただいた際にはすぐに電話などでお礼を伝えることを忘れないようにすることがポイントです。

内祝いのお返しを贈るまでにやるべきこと・流れ

①結婚祝いを頂く

結婚祝いは挙式1ヶ月くらい前から1週間前までに贈られるものです。もしもふたりの共通の友人や親の知人・友人からいただいたら、彼や親にもそのことをきちんと伝えておきましょう。

②頂いた後、すぐにお礼を伝える

いただいたお祝いの中身を確認した後、すぐにお礼の電話をかけます。お祝いをいただいたことに対する感謝の気持ちはもちろん、いただいたものに対しての感想などを伝えると、相手に喜びの気持ちが伝わりやすいのでおすすめです。もしも手渡しの場合は、その場でお礼を伝えましょう。ちなみに、メールでのお礼は、普段からメールでのやりとりを頻繁に行っている友人のみにとどめておく方が無難です。メールでのお礼は失礼だと感じる人もいるからです。

③お返し用のリストを作成しておく

結婚祝いをいただいた人の名前や、いただいた時期、お祝いの金額などをリストにして把握しておきましょう。自分がいつ何を贈ったのかも記入しておくと、送り忘れを防ぐことができます。また、今後のお付き合いの記録としても活用できます。

④内祝いの品選びをする

結婚祝いでいただいた品物の値段を調べて、内祝いの金額を決めます。内祝いは金額だけではなく、相手の家庭環境や好みもふまえて選びましょう。親戚や親の知人への結婚内祝いは、親に相談をして選ぶと失敗がありません。

⑤内祝いの品にお礼状を添えて贈る

結婚内祝いは式から1ヶ月以内にお贈りします。その際、一緒にメッセージカードや手紙を添えるようにしましょう。感謝の気持ちが相手に伝わり喜ばれます。品物だけが相手に届くのは失礼にあたるのでご注意を!

結婚内祝いを贈るスケジュールについておわかりいただけたでしょうか?相手に失礼のないように、前もって準備できることは準備しておきましょう。

通販カタログ商品番号で注文
リボン

通販カタログをご自宅にお届け!

カタログBOOK