こんな時はどうする?結婚内祝いに関するよくあるお悩みについて

結婚した時にいろいろとぶつかる「お祝い返し」の習慣。もともと内祝いはお祝い返し」ではなく、結婚した二人が結婚の報告がてら、身内や知人に喜びをわかちあう意味で贈るものだったのです。せっかく贈り物をするのなら、その人に喜んでもらえるものを贈りたいですね。今回はそんな結婚内祝いに関するお悩みを、いくつかご紹介いたします。

複数の人からまとめて一つのお祝いをもらったら?

会社勤めをしている場合、同じ部署の方々や社員一同といった形式で祝いの品をいただくこともあると思います。そういう場合は新婚旅行で詰め合わせのお菓子などを買ってきて、一つずつ振る舞うなどでも構いません。もちろん頂いた金額にもよりますので、複数用意できるプチギフトもおすすめです。

ご高齢の相手には何を送ればいいの?

年配の方へは食べ物が一番人気です。ただし、一人暮らしやお年寄りの2人暮らしの方には、日持ちのするもの、例えばコーヒーセットや海苔、缶詰などを送ったほうがより良いでしょう。もし、ご家族の多い家庭で、好みが把握できるようであれば、お取り寄せグルメなどを贈っても喜ばれるでしょう。

上司に「内祝いは要らない」と言われたら?

金額が低ければ(2000円以下程度)であれば、お礼状やご挨拶などで済ませればよいでしょう。それ以上の金額になると、やはりしっかりとお返しをすることをおすすめします。要らないというのも、きっと結婚準備でお金が必要だと分かっているからこその、気を使って発せられた言葉です。言葉どおりに受け取らず、自分が祝っていただいたお返しだと素直に相手に伝えれば、相手も悪いようには受け取らないでしょう。

喪中の方にも内祝いを送ってもいいの?

内祝いは「お祝い返し」に当たります。内祝いを贈る相手が喪中でも贈っても構いません。ただし、なくなった方との関係性や、相手の気持ちを慮ることは必要です。もし相手がお葬式に出席したばかりなら、少し期間を置きましょう。目安としては四十九日が過ぎたころに贈るのがベストです。表書きを「内祝い」の代わりに「御礼」にする心配りがあってもよいでしょう。

通販カタログ商品番号で注文
リボン

通販カタログをご自宅にお届け!

カタログBOOK