みんなに喜ばれる!結婚内祝いの選び方のコツ5選

結婚の内祝い、何を贈れば喜ばれるのか?実際に考えてみるとなかなか決められないものですよね。相手のご家庭のことや好み、上司だったら失礼に当たらないのはどれか、など考えだすとキリがありません。悩みすぎて誰にでも喜んでもらえる万能のプレゼントがあればいいのに、と溜息を漏らす方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はそんな方向けに、みんなに喜ばれる内祝いの選び方のコツをお教えいたします。

食器や日用品など

定番の食器は贈られる機会も多く、なかなか自分では買わないものなので喜ばれることが多いです。その際、お客様専用のものではなく、毎日使うものかつ、上質なものを選ぶと喜ばれます。例えば、ビール好きな方にはビール専用グラスなどいかがでしょうか。もしくは、あったらいいなと思いながらもなかなか買わないキッチンの便利グッズなども喜ばれます。

いくらあっても嬉しい「リネンもの」も

定番といえばタオルです。これはいくらあっても困らないものの定番だといえるでしょう。特に上質なタオル等は自分で購入する機会も少ないので、贈り物には最適です。

金券・カタログ式ギフトなど相手の「好きな物」を

贈り物に金券なんてそっけない…と思うかもしれませんが、これも相手の側に立てば嬉しいもの。必要のないものや欲しくないものをもらうよりも、自分の好きなものを好きなときに購入できる金券は、誰にでも喜ばれる贈り物だと言えます。たださすがに金券だと、贈り物の金額がはっきりとわかってしまうため、目上の方に贈るのは失礼かもしれません。そういう場合には、カタログ式ギフトをおすすめします。この場合はカタログ式ギフトの中の商品に限られますが、金額も明記はされませんし、好きなものを選んでもらえる自由度もある程度あります。必要ないものを贈るという危険もなく、誰にでも喜ばれます。

最終手段!相手のほしいものを聞いてしまおう!

親しい友人や家族にはこの手が最適です。直接聞くことでお互いの煩わしさを解消してしまいましょう。贈り物をもらうときのサプライズ感には欠けてしまいますが、結婚してから後も良い関係を続けるために、相手が本当に欲しいものを贈るという方法もあります。

内祝いも贈り物なので相手に喜んでもらえるには欲しいものを、というのが基本です。しかし、煩わしさに甘えて安易に便利なものを選んでしまうのは本末転倒になってしまいます。贈り物はやはり感謝の気持ちが大切です。味気ないものになりそうならば、お礼状に直筆で一言添えるなどの配慮をするなど、相手ごとに対応を考えられるといいですね。

通販カタログ商品番号で注文
リボン

通販カタログをご自宅にお届け!

カタログBOOK