今さら聞けない!結婚内祝いに関する基礎知識

これから結婚式を挙げる予定があるカップルは、挙式の前に「結婚内祝い」を準備しておく必要があるってご存じですか?式の1か月ほど前になると結婚祝いをいただく機会が増えるため、お返しとしてお二人から結婚内祝いをお渡しすることになります。内祝いのマナーを知らずにいて「うっかり忘れてしまった、どうしよう…」と後悔しないためにも、結婚内祝いの基礎知識を押さえておきましょう。

そもそも結婚の内祝いって何をするもの?

結婚内祝いとは、挙式前にいただいた「結婚祝いのお返し」として贈る品物のことです。新郎新婦のお二人から親戚や友人へ贈り物をする、という意味では引き出物と似ていますが、贈る相手が異なります。引き出物は結婚式に招待できた人へ贈る品物で、内祝いは結婚式に呼べなかった人のなかで結婚祝いをいただいた場合に贈るギフトを指します。

最近では、内祝いは結婚祝いのお返しの意味が強くなっていますが、昔はお祝いをいただいたかどうかに関わらず、日頃お世話になっている親しい人へ記念品を贈る習慣がありました。結婚祝いをいただいたからお返しをしなくてはと難しく考えすぎずに、幸せのおすそ分けをするつもりで準備してみましょう。

結婚内祝いは「挙式後の1か月以内」までに渡す

結婚内祝いをお渡しするタイミングは、結婚式のあと1か月以内が目安です。直接手渡しで渡すか、会えなければ相手の自宅へ宅配便で送ります。挙式後1か月を過ぎてしまうと失礼になってしまうため、結婚式の前までには誰に、何を贈るのかを決めて用意しておくようにしましょう。ちなみに、結婚祝いをいただく時期は挙式の1か月前から1週間前ごろです。結婚祝いを手渡しでいただいたらその場でお礼を言い、宅配便で受け取ったらなるべく早めに電話で感謝の気持ちを伝えましょう。内祝いの送り忘れを防ぐためにも、いつ、誰から、何をいただいたのかをメモしておくこともおすすめします。

結婚内祝いの予算はいくら?渡し方のマナーは?

結婚内祝いの予算は、いただいた結婚祝いの金額の半額ほどを目安にします。まずは受け取った品物の金額を調べて内祝いの予算を決めましょう。相手ごとにいただいた品物の金額はさまざまですから、お返しを選ぶ際の予算も「◯◯さんには3000円くらい、△△さんには5000円くらいで」と変わってきます。予算を決めたら相手の好みや家族構成を考えて喜ばれそうな品物を選んだり、好きなものを選べるカタログギフトを贈ったりしましょう。

また、結婚内祝いにはのし紙も必要です。水引は紅白の結び切りを選びます。表書きの上段に「内祝」と書いて、下段には新しい姓名と書き入れましょう。連名にする場合は右側に夫の姓名を書き、左側に妻の名前のみを書きます。宅配便で送るのであればただ品物だけを贈るのではなく、結婚祝いをいただいたお礼を書いたメッセージカードを添えて、もらって嬉しい内祝いになるよう工夫してみてください。

通販カタログ商品番号で注文
リボン

通販カタログをご自宅にお届け!

カタログBOOK