結婚内祝いの贈る相手別おすすめのお返しまとめ

式場以外で結婚する二人のためにくださった結婚祝いのお返し、「結婚内祝い」。感謝の気持ちをカタチにすることは最低限の礼儀であり、「友達だから」、「相手の親族をよく知らないから」と軽く見ていると、今後の人間関係にも影響しかねません。一般的に、結婚内祝いはいただいた額の半額から少し多めの金額を目安に贈られます。しかし、人それぞれ好みがあることに加え、相手によってどんな贈り物がふさわしいは悩みどころ。今回はそんな結婚内祝いにおけるおすすめギフトを、贈る相手別にご紹介します!

”新しい家族”としてのご挨拶!親戚への贈り物はどんなものが喜ばれる?

親戚への贈り物は、土地柄の慣習はもちろん、家族構成や年齢によってふさわしいものが変わってきます。何を贈っていいのかわからない!とお悩みでしたら、カタログ式ギフトはいかがでしょうか。無難ではありますが、家族みんなで選べる楽しさや、使えないものを贈ってしまうということがないので、喜ばれること間違いナシです。

自分たちで贈り物を選びたいのであれば、どなたにも同じものを贈る方がいいでしょう。親族間の贈り物の場合は、ご両親や祖父母にもお付き合いが関係してくるので「他の方にはどんなものを?」と心配されかねません。あまり高価なものを贈ることも逆に相手にプレッシャーを与えてしまい、マナー違反ですので気をつけましょう。また、贈り物と一緒に手書きのメッセージで感謝の気持ちを添えることもお忘れなく。

友人たちへの贈り物はライフスタイルに合わせて

親しい友人であれば、好みやライフスタイルを把握しやすいので、贈り物も好きなブランドのものや好物、趣味に合わせたものがいいでしょう。普段なかなか買わないようなプチ贅沢を味わえるものも喜ばれるかもしれません。新婚旅行先で見つけたちょっと豪華なお土産なんかも非日常感を味わえるのでおすすめです。実際に贈る際は、その友人が一人暮らしなのか、既婚者か、子供の有無などを事前にしっかりと確認しておきましょう。ライフスタイルに合わせた食器や普段使いのできるアイテムは長く使ってもらえる内祝いになるはずです。

いつもお世話になっている会社の同僚たちには?

結婚内祝いだけでなく、様々なお祝いのシーンで用いられるお祝い菓子の定番と言えば、洋菓子の「バウムクーヘン」でしょう。切り口が木の年輪のように見えて、長寿や繁栄を表すことから選ばれることが多いようです。縁起を担ぐモチーフは和菓子にも多く、縁起担ぎの意味合いを知らない相手でも、美味しいお菓子として楽しめるため、贈り物としては最適だと言えます。最近では洋菓子の要素を合わせた和洋折衷な和菓子もあり、老若男女問わずに幅広く対応できます。結婚を機に遠方へ引っ越してしまったのでしたら配送でもいいかもしれませんが、多くの方に直接感謝の気持ちを伝えるためには、出来るだけ自分たちで職場を訪れて贈り物をすることが好ましいとされています。

大切なのは相手に感謝し、喜ばれること

いかがでしたでしょうか?どんな相手であっても”親しき仲にも礼儀あり”とされるように、感謝の気持ちをカタチにすることは今後の人間関係に影響する大変重要なことです。二人の結婚を喜び、祝福してくださった方々に対し、しっかりと感謝の気持ちが伝わるように、素敵な結婚内祝いを見つけてくださいね。

通販カタログ商品番号で注文
リボン

通販カタログをご自宅にお届け!

カタログBOOK