結婚内祝いの適正相場とは

結婚内祝いを送る際、どのくらいの金額のものをお返しすればいいのか、相場が知りたいと思ったことはありませんか?結婚のお祝いをくださった方へ感謝の気持ちを伝えるのが目的なので、相手に失礼のないようにしたいものです。そこで、今回はそんな結婚内祝いの相場について、詳しく解説していきたいと思います。高額な結婚祝いをいただいた場合の対応についてもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ズバリ!内祝いのお返しの相場とは?

結婚内祝いの相場は、いただいたご祝儀やお祝い品の「半額から3分の1」が目安となります。結婚内祝いがいただいたお祝いに対してあまりにも安いと「お祝いを喜んでもらえなかったのかな・・・」と相手は思ってしまうでしょう。また、あまりに高額なものを結婚内祝いとして贈っても、相手を恐縮させてしまうことになります。みなさんから同じ額のお祝いを頂くことはあまりないので、相場を基準にその人その人に合う額でお返しをするようにしましょう。

高額なお祝いをいただいてしまったら?

では、高額なお祝いをいただいた場合はどうしたらいいのでしょうか。基本的にはこの場合も同様に、相場である「半額から3分の1」の額の結婚内祝いを選びます。もしもこれでは足りないと感じる場合は、結婚内祝いとは別に新婚旅行のお土産もお渡しするといいでしょう。その際、新婚旅行の思い出話などを伝えると、相手も喜んでくれます。手紙などで気持ちを伝えるのもおすすめです。

いただいた品物の金額がわからない場合は?

かと言って、品物の金額がわからない場合は、相場の計算ができません。こういった時は、1000円から3000円くらいの、相手が恐縮しない金額のものを結婚内祝いとして選びましょう。大切なのは正確な結婚内祝いの金額を割り出すことではありません。お祝いの気持ちに対し、手紙を添えて示すなど、感謝の気持ちを示すことが何よりも大切です。

いかがでしょうか?結婚内祝いの相場についてお分かりいただけたでしょうか?ちなみにおすすめの贈り物は、カタログ式ギフトや日用品、日持ちのするお菓子などです。子どもがいる場合にはキャラクターグッズも喜ばれます。相手の家庭環境や好みを考えて、相場の中で相手が喜びそうな物を選んであげてくださいね。また、「割れる」や「切れる」を連想させる「割れ物や刃物」、そして偶数個の品は結婚内祝いとして相応しくありません。注意しましょう。

通販カタログ商品番号で注文
リボン

通販カタログをご自宅にお届け!

カタログBOOK