結婚内祝いの手紙・お礼状に関するギモンをケース別に解説。これでギモン解消!

結婚という2人の大事な門出を祝福してもらえるのは、とても幸せなことですよね。 その際、早速お礼の気持ちをお礼状にして伝えたいところですが、実際はどのように送るのがマナーなのでしょうか。 そこで今回は、「結婚式を行わず入籍だけの場合は?」「結婚式が大分先なのにお祝いをいただいてしまった」など様々なケース別の、結婚の内祝いにまつわる手紙やお礼状に関する「どうしたらいい?」を調べてみました。

式に招待していない人に対するお返しはどうすればいい?

結婚式に招待していない方からお祝いをいただいたら、結婚内祝いという形でお返しを贈ります。いただいた半額程度の品を、結婚式が終わってからできるだけ早く、少なくとも1ヶ月以内には届くように送りましょう。

この時、品物を送るだけではなく是非ともお礼状を添えてください。 文面はできるだけ簡潔に、
・改まった相手には、拝啓などの頭語や結語、時候のあいさつなどを添える
・お祝いをくださったお礼の気持ちを述べる
・「〇〇に飾っています」など、できれば具体的に品物を喜んで使用していることを伝える
・「近くにお越しの際は是非お立ち寄りください」などの今後もおつきあいしたい旨や「見守ってください」など支援をお願いする言葉を添える
以上のことを盛り込んで、いただいた品を喜ぶ気持ちが伝わるように意識してください。

正式には、まずは手紙で内祝いを郵送することを伝え、手紙の後に品物が届くようにします。親しい間柄なら、お祝いを購入したお店でお礼をしたためたカードや手紙を同梱してもらっても構いません。

お礼状に写真は付けないほうがいい?

一般的には付けない方が無難であるようです。「写真はデータで管理する時代に、印刷したものをもらっても収納場所に困る」といったことが理由に挙げられます。
ハガキに二人の写真を印刷して送るという方法もありますが、目上の方へのお礼状は封書が基本。普段から交流があるなど気心の知れた間柄でなければ、写真入りのハガキを送るのは失礼にあたります。
しかしこれもケースバイケースで、写真を喜んでもらえそうな方には是非送ってさしあげてください。送る人によって臨機応変に対応しましょう。

お祝いを頂いてから挙式までの期間が長い場合はどうすればいい?

結婚式まで日にちが空くと、先方が忘れた頃に内祝いをお届けすることになるのでは…と悩みますね。
しかし、お礼の内祝いはいただいた時期に関わらず、同じ時期に送るのが正しいマナーですので、お祝いをいただいた他の方々と足並みを揃え、結婚式終了後1ヶ月以内に送ってもマナー上問題はありません。
もし対応に迷った場合は、早くにお祝いをいただいたら、まずはすぐに電話をかける。もしくはお礼状を送り、感謝の気持ちだけでも先に伝えると良いのではないでしょうか。その時に挙式までに期間が空くことをさりげなく伝えれば、内祝いまでの間が空いても失礼にはあたらないはずです。

入籍前に結婚祝いを貰う場合はどうすればいい?

入籍前に結婚祝いをいただいた場合は、入籍を済ませてから1か月以内を目安に内祝いを贈ります。この場合も、お祝いをいただいてからすぐに電話やお礼状で、先に感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

結婚の内祝いのお礼状は、ありがとうの気持ちを伝えることが何よりも大切な目的です。マナーにこだわりすぎて形どおりになり過ぎても、何やら寂しい印象の手紙になってしまします。お礼状を送る相手のことを思い浮かべて、臨機応変にアレンジしてみてくださいね。

通販カタログ商品番号で注文
リボン

通販カタログをご自宅にお届け!

カタログBOOK