失礼のないよう結婚内祝いを贈りたい!結婚内祝いの常識&マナー

「お祝いをいただいた場合どうするの?」「いつお返しすればいいの?」
そんなあなたは、まず結婚内祝いのダンドリをチェック!
結婚準備で忙しい時期に重なるから、余裕をもった準備でスムーズに進めよう!

まずは結婚内祝いの基礎を確認!

誰に贈るもの?
ご祝儀や結婚祝いをくれた人の中で、披露宴に招待できなかった人や、ご招待したけど出席できなかった人にお祝いのお返しをするのがマナー。
いただいたお祝いの半返しが基本?
結婚内祝いの金額は地域によって差もあるけど、いただいたお祝いの半額程度の品物を贈るのが一般的。
いつまでに贈ればいい?
結婚内祝いは挙式後1カ月以内に直接持参するか宅配などで届くようにするのが相場。何かと忙しい時期だけど、相手が忘れた頃に届く、というのは一番失礼なので気をつけて!

  • 結婚内祝いスケジュール
  • 結婚内祝いマナーQ&A
>
挙式3ヶ月~1週間前 1.お祝いをいただく

結婚祝いは挙式1カ月くらい前から1週間前までに贈るのが一般的。
ふたりの共通の友人や親の知人・友人からもらったら、彼や親にお祝いの内容を必ず伝えよう!

  2.受け取ったらすぐお礼の電話をする

お祝いの中身を確認したら、すぐにお礼の電話を。「ありがとうございます」という感謝の気持ちのほか、いただいたものに対する感想を具体的に話すと、相手に喜びの気持ちが伝わりやすい。
メールだと失礼に感じる人もいるので注意。手渡しの場合はその場でお礼を。

ワンポイントアドバイス

人によっては、挙式3カ月以上前からお祝いをいただくことも!
そんな時は通販カタログを請求(無料)しておけば、暇な時気軽に商品をチェックできるので、お勧め!
通販カタログの請求をする


または、ゼクシィ ONLINE STORE 結婚内祝い会員登録をすれば、「お気に入り」を利用できて、気に入った商品を保存して後で検討できるからラク!
事前に会員登録をする

 
  3.いただいたものの金額を調べる

お礼の電話の前後で、いただいた品物の値段を調べよう。
一見失礼なように思えるが、お返しの目安金額を知る上でどうしても必要なこと。
厳密でなくても、大体の金額がわかればOK。

挙式前 4.お返しリストを作成しておく

結婚内祝いを贈るのは挙式後なので、この段階ではいつ・誰が・何をくれたのかをリストにしておく。お祝いの金額・住所・連絡先・披露宴に招待しているかなども、すぐにわかるようにしておこう。
自分がいつ何を贈ったかも書いておくと送り忘れが防げる。


早速リストを作成する!
チェックシートをダウンロード

結婚式 5.結婚内祝いの品物を選ぶ

贈るのは挙式後だけど、金額だけでなく相手の好みも考えて品物を選ぶのは時間がかかる。挙式前から選び始めておこう。選ぶ際は、年齢・性別・家族構成、また最近の売れ筋商品などを考慮するとよい。親戚や親の知人への品は親に相談するとスムーズ。


価格から検索してみる
999円以上   1,000円~2,999円   3,000円~4,999円   5,000円~9,999円
10,000円~14,999円   15,000円~19,999円   20,000円以上


贈る人が決まっているなら
親・親戚・上司に贈る   友人に贈る   ファミリーに贈る   同僚・ご近所に贈る


先輩花嫁は何を選んでいるの?
売れ筋ランキングをチェック!


何を贈れば喜んでもらえるかわからない!
もらった人のホンネ教えます!

挙式後1ヶ月以内 6.結婚内祝いの品物・お礼状を発送

結婚内祝いは、式から1カ月以内にお贈りするのが鉄則! 品物だけが相手にボンと届くのはとても失礼。一緒にメッセージカードを添えるのがポイント!


ゼクシィ ONLINE STORE 結婚内祝いならのしも無料でつけられる!
のしの種類を見る


オリジナルメッセージカードで2人の感謝の気持ちを伝えよう!
メッセージカードを見る

大体のスケジュールがわかったら
こんな時はどうする?Q&A
通販カタログ商品番号で注文
リボン

通販カタログをご自宅にお届け!

カタログBOOK